老人ホーム「イリーゼ」をご紹介【入居金0円から安心の介護サービスを】

有料老人ホームやデイサービスセンターなどの福祉施設を、首都圏を中心に全国展開するイリーゼ。「あなたに会えてよかった」と言われる介護サービスの実現を目指し、入居金0円制度や充実した介護・医療連携体制を整えています。

本記事ではそんなイリーゼの特徴や料金、認知症・リハビリなどの対応までご紹介します。入居までの流れも解説するので、介護施設の利用を検討している方やご家族の方は参考にしてください。

目次

イリーゼの特徴5つ

首都圏の東京・埼玉・千葉・神奈川をはじめ、北海道・宮城・長野・愛知・滋賀・兵庫・沖縄にも100施設以上を展開しているイリーゼ。

有料老人ホーム・ショートステイ・デイサービス・グループホーム・サービス付き高齢者向け住宅を運営していますが、他の介護施設との違いはどこにあるのでしょうか。イリーゼの具体的な特徴を確認していきましょう。

入居金0円から利用可能

民間企業が運営する老人ホームは入居金が必要な場合も多いですが、イリーゼでは入居金0円から利用できます(※1)その秘訣は、自社開発費用を抑えていること。イリーゼの事業理念や実績に賛同したオーナーに建物を建設してもらうことで、入居金にかかる負担を少なくしています。

したがってイリーゼは「初期費用を抑えたい」「急ぎで入居できる施設を探したい」「他の施設に空きが出るまで一時的に利用したい」という方にもおすすめです。

(※1)別途月額利用料がかかります。また一部の施設では、前払い方式のプランを設けている場合もあります。

安心感のある介護・医療連携体制

イリーゼでは介護スタッフが365日24時間常駐(※2)しており、専門的なケアを行っています。特に心配な夜間には、ご家族の希望や必要に応じて訪室を実施することも。

介護度が高い方や寝たきりの方、認知症の方の受け入れ実績も多く、どんな方でも安心して生活が送れる介護体制を備えています。(※3)

またイリーゼでは看護職員が365日日中常勤し、医療連携体制も整えています。毎日の血圧・体温測定などはもちろん、感染症予防にも注力。外部の医療機関・歯科医院からの訪問診療や薬局からの薬の配達を、個別での契約にて利用することが可能です。(※4)

さらに一部の施設では理学療法士も常勤し、機能訓練プログラムに基づいた回復訓練や指導を行っています。デイサービスを利用したリハビリも可能なので、「もう一度自立した生活を送りたい」「自分のことは自分でできるようになりたい」と願う利用者へのサポートもばっちりです。

(※2)職員体制/週40時間換算で介護職員1名以上配置、夜間(19時〜翌7時)介護職員人数/1名以上[最少時人数(休憩者等を除く)0名]。一部見守りシステムが導入されている施設においては、見守りシステムによる安否確認を行っております。
(※3)施設で対応できない医療処置が必要な方、通常の介護方法及び接遇方法では対応できない認知症の方はご入居できない場合がございます。
(※4)訪問診療の受診および薬局を利用する場合、 医療費等の自己負担と別途各機関との契約が必要です。

生活を楽しむための食とイベント

イリーゼでは施設内に厨房を設けているため、毎日出来立ての食事を楽しめます。グループ会社のHITOWAフードサービスが献立組みから調理まで行い、一人ひとりの身体状況に合わせた食事を用意

きざみ食・ペースト食・減塩食などはもちろんのこと、旬の食材を使用した食事や、ご当地グルメの提供も行っています。

また張りのある生活には、毎日の活動も欠かせません。イリーゼでは季節に合わせたイベントや体操など、さまざまなレクリエーションを用意しています。

認知症の方や車椅子で体を動かしにくい方でも参加できるようプログラムされているので、日中の時間をアクティブに過ごせますよ。

安定した運営とプロフェッショナルなスタッフ

運営が安定している施設を探すことも、良い老人ホーム選びには大切です。イリーゼは利用者の経済的負担を抑え、空室を減らすことに成功。現在の入居率は、なんと約90%以上(2022年2月現在)をキープしています。

またイリーゼで働くスタッフは、職種や階級に応じてさまざまな研修プログラムを受けています。利用者のために成長し続けるプロフェッショナルな姿からも、安心と信頼を感じられるでしょう。

介護IoTの積極活用

スタッフの力を最大限に活かして入居者と触れ合う時間を大切にするため、イリーゼでは最先端テクノロジーを積極的に活用しています。パナソニックと共同開発した見守りシステム「LIFELENS」などが、その代表例です。

ケアの必要性や優先度を遠隔で判断できるようになったため、今まで巡視にかかっていた時間を利用者のケアに活用できるようになりました。またQRコードを利用した服薬支援システムで人為的なミスをなくしたり、電子記録システムを中心に事務作業にかかるスタッフの負担を軽減させたりしています。

このように安全管理や業務改善にテクノロジーを取り入れることで、利用者へのケアをより手厚いものにしているのがイリーゼの大きな特徴です。

イリーゼに入居する流れ

入居までの流れ

イリーゼに入居するまでには、6つのステップがあります。

STEP
受付・見学

電話やホームページにて、施設の見学予約を行います。予約には氏名・住所・連絡先・入居者の要介護度情報などが必要です。見学は希望の日時を指定でき、当日は入居相談員が対応してくれます。

STEP
申し込み

施設が気に入れば、仮押さえの申し込みを行います。申し込みの費用は一切かからず、契約が成立するまでは途中解約も可能です。

STEP
入居準備

施設の「入居申込書兼個人情報使用同意書」と併せて、病院や現在入居している施設からの「健康診断書」や「診療情報提供書」などを用意しましょう。

STEP
訪問面談

適切なケアプランを作成するため、ケアマネージャーなどのホームスタッフと面談を行います。指定の場所での面談や、最終的な入居日の相談も可能です。

STEP
契約・入金

自宅またはホームにて契約を結びます。契約内容・重要事項・管理規定を説明されるので、不明点や疑問点があれば気軽に質問をしましょう。契約内容に納得してから署名・捺印を行い、契約日から入居日までの間に指定口座へ必要費用を振り込みます。

STEP
入居

スタッフが万全の体制で準備しています。遠方の場合や体の不自由な方の場合は、お迎えサービスもありますのでご相談ください。

身元保証人がいない方へ連携機関を無料で紹介

老人ホームへの入居には、身元保証人が必要です。身元保証人とは緊急時の対応や本人に代わる意思決定、身柄の引き取りなどを行う役割のことで、家族や親戚にお願いする方も少なくありません。

しかしお一人で身寄りがない方や、家族はいるけど頼みにくいという方も安心してください。イリーゼでは身元保証人がいない方に、無料で連携機関の紹介を行っています

連携機関は入居時の身元引受だけでなく、入居後の相談や万が一の緊急時にも対応可能です。身元保証人が不在で老人ホームへの入居を諦めていた方は、イリーゼに相談してみてはいかがでしょうか。

資料請求・見学・体験入居をしてみよう

資料請求

イリーゼは全国に展開しており、施設ごとにサービス内容や料金設定は異なります。「イリーゼに入居したい」という方はもちろん、「少し興味がある」「他の介護施設と比較したい」「将来の老人ホームを探している」という場合も、まずは気軽に資料請求をしてみましょう。

資料請求は電話かホームページから可能で、費用は一切かかりません。どの老人ホームが近いかわからないという場合でも、住所を入力するだけで周辺施設の資料を送ってもらえます。

資料請求はこちらから

HP:https://www.irs.jp/contact/form/
電話:0120-12-2943
【受付時間】平日 9:00~18:00/土日祝日 9:00~17:00)

見学・体験入居

施設を実際に見てみたいという方は、見学や食事の試食も可能です。また「見学だけでは分からない」「実際にお試し入居してみたい」という要望にも応え、体験入居も実施しています。

体験入居では実際の介護全般・食事・レクリエーションが最長1週間まで体験可能です。有料ではありますが施設の雰囲気や他の入居者の様子を肌で感じ、本人にとって住み良いホームかどうか判断できる良い機会です。ぜひ積極的に利用してみてください。

見学予約はこちらから

HP:https://www.irs.jp/contact/reservation/
電話:0120-12-2943
【受付時間】平日 9:00~18:00/土日祝日 9:00~17:00

会社概要

社名HITOWAケアサービス株式会社
本社〒106-0032東京都港区六本木1-4-5 アークヒルズ サウスタワー
TEL.03-6632-7702(代)
FAX.03-5562-7551
設立2006年(平成18年)11月
資本金5,000万円
代表者代表取締役社長 袴田義輝
事業内容有料老人ホームの運営
サービス付き高齢者向け住宅の運営
介護保険法による指定居宅介護支援事業
介護保険法による次の居宅サービス事業
訪問介護
通所介護
短期入所生活介護
特定施設入居者生活介護
認知症対応型共同生活介護
認知症対応型通所介護
地域密着型通所介護
福祉用具貸与及び特定福祉用具販売
商標登録登録第4915990号、第5673874号
公式サイトhttps://www.irs.jp/

まとめ

老人ホームなどを全国展開しているイリーゼについて紹介しました。イリーゼは安心感のある介護・医療連携体制はもちろんのこと、入居金0円プランや身元保証人紹介制度などを設けています。

またテクノロジーの導入やスタッフへの研修などにより、入居者への丁寧なケアを叶えている点も大きな魅力でしょう。

高齢者とそのご家族に、より良い生活空間を提供しているイリーゼ。まずはお気軽に資料請求から検討してみてはいかがでしょうか。

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる