MENU

03-6868-8296

お気軽にお問い合わせください
受付 10:00-18:00 [定休:土日祝]

ある日突然、親の介護が必要になったら?自宅介護の頼れるサービス「訪問介護」は家事全般を頼めるわけではない

あなたは、親の介護が突然必要になったとき、まず最初に何をしますか?

介護施設へすぐに入所できれば一番良いですが、現実的には、なかなかそうもいきませんよね。なぜなら、次のように、しなければならないことがたくさんあるからです。

・自治体の介護の窓口や地域包括支援センターで相談
・相性の良いケアマネージャーさんをさがす
・介護認定の手続き(約1か月程度)
・介護施設の見学や申込手続き

仮に、これが初めての介護だとしたら、戸惑うことも多いでしょう。手続きの方は、自治体や地域包括支援センター、ケアマネージャーさんなどと相談しながら行えば、段取りが多少悪くても何とか進みます。

しかし、高齢者の日々の生活の方は、待ってくれません。介護施設が決まるまでの間、家で介護が必要となっても、仕事との両立が難しい場合、日中の介護はどうすれば良いのでしょうか。

今回は、そんな事態でも頼れるホームヘルプ・訪問介護についてご説明します。

目次

訪問介護(ホームヘルパー)とは

介護のヘルパーさんの正式名称は、訪問介護員(ホームヘルパー)です。高齢者の自宅に直接訪問し、生活の基本的なことを介助します。

訪問介護には大きく2つのサービスがあります。「身体に対する介護」と、「生活援助に関する介護」です。受けられるサービスは、介護認定の度合いによって異なりますので、事前に確認し、足りないところは家族や民間のサービスで補う必要があります。

身体に対する介護とは

高齢者自身が、食事をすることや、トイレに行くこと、お風呂に入ることなど、生活の基本的なことをするのが難しくなった場合に、介護認定を受けた上で利用するサービスです。

身体介護の一例

食事・排せつ・入浴・歯磨き・服薬・着替え・病院などの同行・公的な手続きへの同行

生活援助に関する介護とは

高齢者自身が、家事をするのが困難で、家族の協力も得られない場合に、介護認定を受けた上で利用します。高齢になると、昔のようにテキパキ家事をこなせなくなってきます。一人暮らしの高齢者にとっては、ありがたい介護保険サービスの一つです。

生活援助の一例

料理・食事の準備・買い物・そうじ・洗濯

生活援助に関する介護の注意

同居の家族がいる高齢者は、生活援助に関しての訪問介護を受けられない場合がありますので、事前に相談して確認しましょう。

訪問看護との違い

訪問介護では、医療に関することは行いません。血圧測定など体調管理に関することや、医療機器の管理、リハビリなどは、訪問看護の看護師や保健師をはじめとする医療の専門家にお願いすることになります。このように、訪問介護と訪問看護は全く内容が異なっています。

デイサービスとの違いから考えるデメリット

デイサービスは、家からデイサービスの施設まで送迎をします。介護を受ける場所が、家か外か、という点で異なります。

高齢者が集まり、規則正しい生活をしながら、レクリエーションなどもありますので、新しいお友達ができる可能性もあります。

一方で、訪問介護は基本的に家の中で1対1で行われ、人間関係も広がりません。

メリット・デメリットをまとめると、次のようになります。

デイサービスのメリットとデメリット

メリット
・外へ出かける動機につながる
・知り合いが増える
・家とは異なる環境での良い刺激が得られる
・イベントに参加する楽しみが増える

デメリット
・外出する必要がある
・体調や気分によって外へ出かけるのが負担な日もある
・メンバーに気が合わない人がいると、行きづらくなる

訪問介護のメリットとデメリット

メリット
・家に来てもらえるので、移動の負担がない
・いつも生活している場所で、専門家による介護を受けられる安心感

デメリット
・知らない人が家の中へ入るという不安
・1対1のため、相性の良し悪しが重要になる

ホームヘルパーにこんなことは頼めない

よく勘違いされやすいことですが、ホームヘルパーさんへ家事全般のお仕事をお願いすることはできません。サービスを受ける側として、最低限のことは知っておくべきです。頼めるかどうか迷ったら、次のことを思い出しましょう。

ヘルパーさんへ頼む際の基本的な考え方

・介護認定を受けた高齢者本人に限定したサービスかどうか
・基本的な日常生活に支障のあることかどうか

つまり、こんなことは頼めません

・高齢者以外の家族に対する家事(部屋の片づけ、掃除、洗濯、食事の準備等)
・ペットのお世話
・年末年始にするような大掃除
・行事のための特別な料理の準備
・庭の剪定や草刈り
・住宅の修繕など

訪問介護を受ける際に、気を付けたいポイント

ホームヘルパーさんから丁寧な介護を受けるためには、高齢者の家の環境を整える事がとても重要です。

例えば、家の中に必要以上に物が散乱していたり、不用品やゴミなどが多ければ、高齢者が生活しにくいのはもちろんのこと、介護側にとっても、介護がしにくい環境であることは明らかです。そんな環境では、短時間で品質の良いサービスを受けることはできません。

訪問介護を受ける際には次のことを気を付けながら、家を整えてから、お迎えしましょう。

・動線を確保するために、通路に物を置かない
・明らかなゴミは捨てる
・不用品はなるべく撤去し、介護員が動きやすい空間を作る
・介護員が使う物は見えるところに配置する(探し物に時間をとられない工夫)

介護施設選びなら、プロに任せた方が良い理由

訪問介護は大変便利でありがたいサービスですが、介護の度合いが上がったり、認知症が心配になると、介護施設選びを検討する人も増えます。

あなたの大切な親の介護が必要となり、介護施設を選ぶときに、こだわりたいポイントはどんなところでしょうか?人によって、要望は様々あります。

・生活環境をなるべく変えたくないので、近場の施設が良い
・介護施設の立地よりも、リーズナブルな方を優先したい
・通院について、融通がきく施設がよい
・毎回の食事にこだわりたい
・自由に外出ができるところがいい
・趣味のサークルが活発なところがいい
・緑豊かな自然の多い場所がいい
・夫婦で入居できる広い部屋がいい
・病院と併設されている施設がいい

これらについて、施設ごとに1件1件問い合わせをするのは時間的にも大変な作業です。ネットで検索しても、個人的な細かい要望を満たすかどうかまではわかりません。

今は、介護施設選びをプロにお任せする時代です。

「紹介のプロ」なら、相談料・紹介料も完全無料です。施設に直接言いにくいことや、聞きにくいこと、あなたの本音など、すべてを受け止めてくれるのは、中立の立場である「紹介のプロ」ならではの特徴です。

ぜひ、気軽に問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

急に親の介護が必要になったら、家族や親戚にお知らせすることはもちろんのこと、公的機関にも相談し、ケアマネージャーと共に各種手続きを進めていきましょう。

そして、介護施設への入所がすぐにはできない場合、訪問介護・デイサービスなどを頼りましょう。

訪問介護は家事全般を代行してもらえると勘違いしやすいですが、決してそうではありません。介護保険適用の訪問介護の内容には制限があります。それ以外にも必要を感じたら、民間の家事代行サービスも検討してみると良いでしょう。

高齢者のしあわせな毎日のために、自分ひとりで抱え込まず、周囲と協力しながら、楽しく明るく介護を行いましょう。

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる