MENU

03-6868-8296

お気軽にお問い合わせください
受付 10:00-18:00 [定休:土日祝]

入居一時金が高額な有料老人ホームは他と何が違う?上質な暮らしが実現する高齢者の住まい

シニアの夫婦の会話

あなたが高齢の親のために介護施設を選ぶことになった時、まず何を基準にしますか?

全国には多数の介護施設がありますが、そのサービス内容や設備は、施設によって全く異なります。

終の棲家を選ぶのだから、できる限り良い暮らしができる施設を選びたいですよね。

今回は、優雅な暮らしのための上質な老人ホームについてお伝えします。

目次

高齢者の住まいで、最も費用が高いのは?

介護付き有料老人ホーム、住宅型有料老人ホーム、シニア向けマンションは、入居一時金などが必要となり初期費用も高くなります。

入居時に介護認定を受けていなくても入れるため、元気なうちから移住する人もいます。

介護付き有料老人ホーム・住宅型有料老人ホームのメリット

要介護5になっても、そのまま入居を継続可能

一方、せっかくマンションを購入したのに、介護度が上がってしまった、というケースも考えられます。

シニア向けマンションの注意点

介護度が上がってしまうと住めなくなることもあるので、契約時に確認が必要

入居一時金とは?

有料老人ホームの申込時に、施設側が独自に決めた額を、入居者が前払いするお金です。実際に入居するためには、これとは別に毎月支払う費用が発生します。

入居一時金を支払うことで、生涯そこに住む権利を得る、ということになりますので、金額は、入居時の年齢が若いほど高くなる傾向があります。

費用はどのくらい?

施設によって独自に金額を設定できるため、かなり幅があり、高級な有料老人ホームの場合、2,000万~億単位まであります。人によっては、住む人のいない持ち家を売却して、その利益を充当する人もいます。

入居一時金が高額な施設のメリット

月額費用を低めに設定しているところが多く、設備が充実している

長く住むのであれば、入居一時金が多少高くても、毎月の費用が抑えられた方が、お得になります。

入居一時金の仕組み

入居一時金は、施設側の決めた償却期間により、年々償却されていく仕組みとなっています。よって、長く住むと返還されません。しかし、事情により早めに退去することになった場合に、返還されることもありますので、契約時に必ず確認しておきましょう。

万が一、入居後に「全然思っていたのと違ったから退去したい」などの場合、早めに申告すればクーリングオフの対象にもなりますので、どのくらいの期間内に申請すれば全額戻ってくるのか、という点についても詳しく聞いておきましょう。

高級な有料老人ホームはこんな設備まで完備!

海の見える住まい
海沿いの地域では、オーシャンビューの有料老人ホームもあります。上の写真はイメージです。

余生を楽しむための設備やサービス

老後は、これまで仕事が忙しくてできなかったことに挑戦するチャンスです。入居一時金が高額な有料老人ホームには、建物内に様々な設備が整っています。

静かに読書を楽しみたいなら、図書室

図書室の本と飲み物

音楽好きのあなたへ、演奏会ホール付きで、サークル発表会

ピアノの演奏やコーラスなど、日ごろの練習の成果を発揮できる場です。

いつか絵を描いてみたいと思っていたあなたへ、アトリエ完備

油絵や水彩画など、本格的に絵を描くことに興味のある方は多いようです。

グルメなあなたへ、四季折々の豪華な料理

専属のシェフの豪華なお料理が楽しめます。

いつまでも健康でありたいあなたへ、充実したスポーツ施設

温水プール・トレーニングジム・テニスコート・ゴルフ・ビリヤードなど、仲間と楽しめます。

ゴルフ場

趣味を広げて仲間を増やしたいなら、サークル活動

入居時に知り合いがいなくても、趣味つながりで友達ができることもあります。

天然温泉の大浴場で極上のリラックスタイム

地域によっては、温泉に入れる施設もあります。

いつまでも若々しくありたいあなたへ、ビューティーサロン

建物内に、美容に関する設備が整っている施設もあります。

(※上記の設備は施設によって異なります。各写真はイメージです)

入居一時金は高ければ高いほど良いの?

入居一時金の金額の上限には、決まりがないため、施設によってかなり差があります。

高齢者本人が居心地が良く、幸せに暮らせる住まいは、お金だけで判断できるものではありません。

いくら設備が豪華でも、その中で働いている人と気が合わなければ、末長く楽しく暮らすのは難しくなります。

高齢者の住まいは、金額によって良し悪しを単純に判断するのではなく、他の部分でも、しっかりと比較検討する必要があります。

例えば、入居一時金は低価格で施設の設備も普通だけれど、中で働いている介護職の方々がとても生き生きと働いていて良い雰囲気だったから実際に入居してみたら、「とっても居心地が良くて安心して暮らせる。アットホームな雰囲気が自分には合っていたわ」という例はいくらでもあります。

つまり、金額だけで単純に比較はできない、ということです。

入居一時金が予算オーバー!そんな時の工夫

お気に入りの設備やサービスが完備された有料老人ホームを見つけても、予算オーバーで断念せざるを得ないこともありますよね。

でも、がっかりするのはちょっと待ってください。

次のようなお楽しみの場所が近隣にあるような介護施設を、選んでみてはいかがでしょうか。

  • プール付きのスポーツジム
  • 趣味の講座が充実しているカルチャーセンター
  • コンサートホール
  • 図書館

介護施設から自分の足で行ける範囲内に上記のような場所があれば、通うことができますよね。

施設選びに悩んだら、プロに任せて正解!

介護施設選びの相談

介護施設を自分だけの力で選ぶのは、かなり大変です。なぜなら、施設ごとに高齢者の健康状態や家族構成、希望することなどを全て伝える必要があるからです。

施設の細かい内容については、ネット上ではわかりませんので、一つ一つ問い合わせて、見学へ行って説明を聞く必要があります。

あなたに、そのような余裕の時間はあるでしょうか?

今、忙しい世代に喜ばれているのが、介護施設紹介センターの「紹介のプロ」です。

「紹介のプロ」にお任せすれば、予算と希望条件に合わせて、最適な介護施設を無料で紹介してもらえます。

まずは試しに1回電話をしてみてください。

初回は、あなたの大切な高齢者について、細かく伝えてくださいね。

  • 高齢の親の趣味や特技
  • 興味をもっていること
  • 料理の好み
  • 普段の生活スタイル
  • 家族構成
  • 健康状態
  • 施設入居希望の地域
  • その他、希望すること

「紹介のプロ」なら、状況説明は1回だけで済みますので、かなり楽だということが実感できるはずです。

入居体験は必ずしましょう!

いくら施設のサービス内容が高品質でも、働いている介護職の方々の様子が残念であれば入居したいとは思いませんよね。

実際に入居したあとの生活のイメージは、入居体験をしてみると、よくわかります。やはり最後の決め手は「人」です。

「紹介のプロ」で気になるところを紹介してもらったら、ぜひ入居体験へご参加ください。

(※感染症の影響で体験が中止となっている施設もあります)

まとめ

今回は、大切な高齢の親のために、上質な設備やサービスを受けられる有料老人ホームをご紹介しました。

入居一時金は施設ごとに金額が異なります。返還についての説明も、しっかりと聞きましょう。

高齢者にとって何が一番の幸せなのか、どんな設備があると楽しく暮らせるのかについて、しっかりと本人からヒアリングし、最適な施設を選びたいものですね。

あなたと高齢者の介護施設選びがスムーズでありますように、願っています。

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる