介護保険を利用して住宅リフォーム!高齢者の健康寿命が延びるその理由とは

高齢者の転倒や火災、溺死等の事故で一番多い発生場所は、どこだと思いますか?

実は、これらの事故は、外出先ではなく自宅内が最も多いとの統計結果が出ています。今回は、高齢者にとっての危険な箇所をリフォームする際の費用や、お得な給付金を受ける手順についてご説明します。

目次

家の中は危険がいっぱい!

危ない箇所がないかチェック!

階段

2階への上り下りで、足元がよく見えないなど、踏み外すことがあります。特に夜間の暗い時間帯にトイレへ頻繁に行くのであれば、要注意です。また、古民家に多い、急な傾きの階段は、若い年代の人でも上り下りが大変ですので、高齢者ならなおさら危険です。

キッチン

IHではなく、昔のガスコンロを使っている場合は、火災に注意が必要です。特に寒い真冬に、厚手の衣類を着て調理をしている場合は、着ている服に着火してしまう「着衣着火」なども心配です。また、認知症が進行し、うっかり消し忘れて外出してしまった、など危険なケースも考えられます。

自分の部屋

次第に片付けができなくなり、床に散乱している物につまずいたり、電気のコードに気が付かず、つまずくこともあります。また、高い所に収納した物を取ろうとして、転んでしまうこともあります。若い年代の人には何でもないことでも、高齢者になると、ちょっとした段差や物があるだけで、転倒のおそれがあるため注意が必要です。そのため、部屋を日ごろから片づけておくことは大事です。

浴室

寒い冬に、温かい部屋から移動して、急に寒い所で着替えたりするだけでも、体が変化についていけずに、危険な状態になってしまいます。

入院すると、退院後に介護が必要になりやすい理由

高齢者は、ただでさえ筋力・体力ともに低下しています。仮に入院した場合、動く機会が減ってしまいますので、ますます体の機能は衰えやすくなっています。そのため、退院後に介護がスタートした、というケースも珍しくないのです。

そのため、費用をかけてリフォームをして、高齢者の転倒やケガを減らすことは、健康寿命を延ばすことにもつながります。

どうする?気になるリフォーム費用のこと

場所別のリフォーム代金目安

階段

・手すり後付け (数万~10万円位)
・急な傾きの階段をゆるやかな傾斜へ (80万円位)

浴室・トイレ

・壁や浴槽内の手すり後付け(数万円位)
・床の段差をなくす(20万~30万円位)
・ユニットバスをバリアフリー対応型に交換(150万~200万円位)

キッチン

・ガスコンロをIHクッキングヒーターに取り換え(30万円位)

玄関

・車いす対応の、スロープ設置(40万~50万円位)

このように、ざっくりとした金額としては、手すりの後付けは数万円からで一番安く、バリアフリータイプに丸ごと交換するなら100万単位で必要となり、その他部分的な細かい工事ならその中間くらい、とイメージするとよいでしょう。
上記の金額は、あくまでも目安です。使う材料やリフォーム業者によって金額はかなり異なりますので、必ず見積書を取り寄せるようにしましょう。

介護保険が適用される工事内容は限定されていますので、事前に自治体へ確認をしましょう。適用外の場合は、全額自費で支払う必要があります。

介護保険を使って、住宅改修費が一部給付

リフォームは費用が一番気になりますよね。介護が始まる前に、自宅を全面リフォームする方もいますが、介護認定を受けてからリフォームすると、給付を受けることもできますので、お得です。

介護保険を使うと、上限20万円まで、工事費の8割~9割が給付されます。

給付を受けるための手順

STEP
要介護認定後、ケアマネージャーや自治体の窓口へ相談

要介護の認定がおりたら、介護のためのリフォームを検討している旨を相談しましょう。必要書類や手順などを教えてもらえます。

STEP
リフォーム業者へ見積書の依頼

複数の業者へ依頼をして比較しましょう。

STEP
自治体へ必要書類の提出

家の図面、見積書、申請書、承諾書など、そのほか指定の書類

STEP
自治体の審査に通ったら、工事開始
STEP
工事終了後、自治体への書類提出

請求書、領収書など、指定の書類

STEP
住宅改修費が支給される

給付金は、工事費を全額支払った後に、後日振り込まれるのが通常です。

介護保険適用以外にも改修費用を援助してくれる自治体もあります。事前に調べておき、賢く利用しましょう。工事が終わってから申請しても給付してもらえませんので、工事前の段階から相談をしておき、段取り良く進めましょう。

どこに依頼するのが正解?

見積書は複数の業者から取り寄せるべき理由

一度でもリフォームの見積書を依頼したことのある人は、よくわかるかと思いますが、依頼先によって、金額に差が出る場合があります。多い時には2倍以上も異なります。

それは、リフォーム会社が工事を自社で行うのではなく、下請けの会社へ依頼しているケースが多いからです。手数料の分だけ、工事金額に上乗せされているため、見積金額が高額になってしまうのです。

よって、見積書を依頼する際には、1社だけでなく、他社にもお願いしてみましょう。できれば、大手のリフォーム会社だけでなく、地域の小さな工務店など、自社で工事をしてもらえるところへも依頼をし、比較してみると良いでしょう。

一番安いところに決めて大丈夫?

見積金額が安ければ安いほど良い、とは言い切れません。支払うべき材料費や人件費は適正な金額を支払うのが当然です。手抜き工事をされては困りますので、なぜ他社と比較して安いのか、逆に割高なのか、直接聞いてみるのも良いでしょう。

また、介護のためのバリアフリー化の工事実績があるかどうかも、調べておくと安心できます。自社で工事を行っている場合、どんな質問をしても詳しく答えてくれるはずです。

まとめ

今回は、危険回避をするための住宅リフォームについてご説明しました。介護保険を賢く利用しながら、住みやすい家に変わるといいですね。

もし、建物の老朽化に伴いリフォーム代が予想以上にかかってしまって無理な場合は、介護施設の方も検討してみてはいかがでしょうか。

介護施設なら、高齢者が最も安全な環境で暮らすことが可能となります。バリアフリー化はもちろんのこと、介護専門のスタッフも常駐し、医療機関との連携で自宅よりも安心です。

下記の「紹介のプロ」は、入居者の様々なニーズに対応した介護施設を、無料で紹介してくれます。

日々忙しくて介護施設を選ぶ暇もない人にとって、頼れる便利なサービスです。ぜひ一度、お問合せください。

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる