熱中症は高齢者が最多!感染症対策も併用しながら、暑い夏をうまく乗り切るために

今年の夏も、各地で猛暑が続き、熱中症での救急搬送が増加しています。熱中症で危険な状態に陥るのは高齢者が最も多い、という事実をご存じでしょうか。

厚生労働省の統計調査によりますと、2020年に熱中症が原因で亡くなられた方の総数は1,528名で、そのうちの1,316名(8割以上)が65歳以上の高齢者でした。

出典:厚生労働省 年齢(5歳階級)別にみた熱中症による死亡数の年次推移(平成7年~令和2年)~ 人口動態統計(確定数)を元に作成)

ご家族に高齢者がいらっしゃる場合は、細心の注意が必要です。家で介護をしている場合、いつの間にか高齢者の部屋の温度が急上昇していて、熱中症になりかけてしまった、という事例もあります。今回は、高齢者のための熱中症対策をご説明します。

目次

熱中症とは

高温で多湿な環境に、長時間いることで、主に次のような状態になることを、熱中症といいます。

体温調節機能が働かず、気温の変化についていけない
・体内に熱がこもってしまい、外に熱が逃げていかない

熱中症は、屋外だけでなく、室内で何もしていないときでも発症してしまいます。 高齢者が家にずっといて、外出をしていないから安心、とは言い切れないのです。

なぜ高齢者は、特に気を付けるべき?

熱中症患者のおよそ半数は65歳以上の高齢者です。なぜ、高齢者が最も多いのでしょうか。それは、以下のようなことが原因となっているためです。

高温多湿の状況でも、暑さや水分不足に対する感覚が低下

気温の変化に対する体の調整機能が低下

出典:厚生労働省 熱中症予防のための情報・資料サイトを加工して作成

体の機能低下チェック

あなたの高齢者の様子をよく観察してみてください。もし、次のようなことに当てはまるようでしたら、体の機能が低下している可能性大です。周囲が気を配って、熱中症対策に力を入れる必要があります。

暑い部屋でエアコンも付けずに、平気な顔をしてTVなどを見ている場合

温度に対する体の感覚が鈍くなっていますので、気温の上昇に気が付いていません。家族がエアコンの管理をしましょう。

水分を食事以外あまり取らない場合

暑さによる喉の渇きに、本人が気が付けなくなっています。脱水症状の恐れがあるため、周囲が水分補給を促す必要があります。

高温多湿の環境でも、なぜか高齢者だけ汗をかいていない

体の自然な調節機能が低下している可能性が高いため、そのような場所へ行くのは避けましょう。

高齢者の熱中症が疑われた場合の対応法

涼しい場所へ避難

室内の場合は、エアコンの効いた部屋へ移動し、屋外の場合は、大きな木の下など、木陰で風通しの良い場所を選んで一時避難しましょう。

体温を下げる

熱を下げる効果のある、太い動脈が通っている箇所(首、脇、股関節まわりの足の付け根付近)を重点的に冷やすと効果的です。
体を冷やすものが手元にない場合は、まず近くの自動販売機をさがしてみましょう。冷たい水やお茶を多めに買えば、一時的な保冷剤の代わりになります。

水分補給

水分補給と同時に、塩味の飴なども併用すると、脱水予防になります。外出時には、バッグに入れて持ち歩くと良いでしょう。

熱中症かも?こんな時はどうすればいい?

声をかけても返事がない場合は?

反応がない場合は、すぐに救急車を呼びましょう。

救急車が到着するまでにできることとして、できる限り涼しい場所へ避難させる、服をゆるめてあげて体を冷やす、などの応急処置が必要です。

水分補給をしても、症状が良くならない時は?

声かけには応じるが、周囲が水分補給を促しても症状が改善されない場合は、急いで病院へ連れていきましょう。

(出典:厚生労働省 熱中症予防のための情報・資料サイト を元に加工して作成)

感染症と熱中症のどちらを優先すべき?

感染症対策のため、マスクを外すことに抵抗がある人は多いですよね。しかし、マスクをしていると、熱が体内にこもりやすくなりますので、熱中症対策にはなりません。高齢者は、感染症と熱中症のどちらにもなりやすく、両方の対策が必須です。そのため、以下のような工夫をする必要があります。

両方の対策をするためには?

エアコンをつけていても、定期的に窓を開放する

熱中症対策のためエアコンを付けると同時に、換気をして感染症対策を行いましょう。しかし、窓を開けるなどの換気は室内の気温を上昇させてしまいますので、普段よりも低めの温度設定にしましょう。自動運転モードの方が、電気代の節約のためには効果があります。

人との距離を確認しながら、マスクを頻繁に外す

やむを得ず屋外に居る場合は、混雑した場所へは近寄らず、人と離れた上で、頻繁にマスクを外して休憩を取ることが必要です。

日傘や帽子を忘れずに

外出時にマスクを忘れることは少ないかと思われますが、曇りの日などは帽子や日傘を忘れがちです。しかし、天気は急に変わるものですので、忘れないようにしましょう。

よくある間違えやすい対策

喉が渇いたからといって、こんなことをしていませんか?

冷たい飲料水を一気に飲みほす

若い年代の人は、猛暑日に、冷たい飲みものを一気に飲み干したとしても、あまり心配はありません。なぜなら、体の機能が普段から正常に働いているからです。

しかし、高齢者にとっては別です。普段から体の機能が低下し、胃腸も弱った状態で生活しています。そのような高齢者が、一気に冷たい飲み物を飲んでしまったら、間違いなく、体に負荷がかかってしまいます。

どうしても冷たい物を飲みたい場合は?

冷たい物は少量にし、なるべく常温に近い飲料を、ゆっくり飲むように、周囲が気を配りましょう。

まとめ

熱中症予防のためには、毎日、気温をチェックし、高齢者の平熱も把握しておく必要があります。介護者自身も体調の変化に気をつけながら、高齢者への配慮を行いましょう。

高齢者が介護施設に入所をした場合は、24時間365日、快適な温度設定で過ごすことができます。また、万が一の場合でも、医療関係者がすぐに駆け付けますので、熱中症や感染症への対応も万全です。

介護施設の選び方について、下記の記事にまとめていますので、ぜひお読みください。

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる